(株)テクノシステムズ
 幼児教育研究部が目指す新しい幼児教育

 現代は、変化の激しい時代と言われています。生成AI、メタバース、VR、量子コンピューターといった世の中を変える新技術の登場、また気候変動問題等の生活を変える地球規模の課題が顕在化しています。今の子どもたちは、これまでの大人が経験してこなかった時代を、これから生きていくことになります。私たちは、子どもたち一人ひとりが、自分の強みを見つけ、自信を持って生きていけるように育つことを願っています。
そのため、幼児教育研究部は、こどもたちの将来のために、これまでの幼児教育の良い部分は守り、新しい研究成果や新技術をうまく活かして、新しい幼児教育を創りにチャレンジしていきます。令和6年4月より、湘南こども園、テクノシステムズ社の4つの保育園の協力を得て研究を開始しています。

新しい幼児教育の3つの柱

近年、脳科学が飛躍的に進歩し、乳幼児期の脳の発達段階や月齢・年齢ごとのこどもの理解も深まってきました。乳幼児期の脳の発達の臨界期の考慮した活動や、感覚と運動神経の統合を意識した運動遊びや遊具採用等、子ども一人ひとりが持つ能力を最大限に発揮するために、できることは沢山あると考えています。

生成AIやメタバース、VR(バーチャルリアリティ)、IT機器等の技術は、園での幼児教育及び家庭での子育ての負担を軽減し、子どもの成長・発達をより効果的に促進するために活用できると考えています。一方で、子どもの立体視の発達への影響等、子どもの成長・発達を第一に考えて、これら技術の利用制約も同時に考える必要があります。

現在の幼児教育では、子どもの主体性・自発性を大切にしています。また、きちんとしたしつけも、社会の中で生きていくには重要です。これらの基盤として、子どもが、正しいこと、美しいこと、大切なこと等、子どもの心の中に芯となる価値観が必要となると考えています。子どもが心の芯を持てるように、保護者や保育者が伝えていくためには、意図的な活動の設定やメタバース等の最新技術による疑似体験が役立つと考えています。