なぜ幼児教育を始めたのか?

当時のふじ幼児園

技術者である創設者が20歳の時、社会の犯罪率の高さに危機感を抱き、将来の凶悪犯罪の増加を予想しました。
また、社会に出た際には、成績優秀な人々が成果を上げられない状況に疑問を抱きました。これらの経験から、幼児期の教育の重要性を強く感じ、幼児教育に取り組む決心をしました。その後、30年の間夢を持ち続け、チャンスが訪れました。

現在のこども園

ふじ幼児園の各種方針

■モットー  「入ってよかった」と言われる園にする
■スローガン 園児はわが子
■経営方針  極力保護者に必要以上の時間的・金銭的負担をかけない
■指導方針  正しいしつけ・自立・体力づくり

当時のふじ幼児園の保育ハンドブックに、下記の指導方針が書かれています。

『正しいしつけ』生活習慣は人間の基本です。幼児期に身に付けるべきしつけを習得し、立派な社会形成に必要な豊かな人間の育成を目指しています。
『自立』「自分の事は自分で」「自分の考えをはっきり言う」などを毎日繰り返して習慣付け、人間関係を広げ、「ひとり立ち」の形成を目指しています。
『体力づくり』成長著しい幼児期には体力づくりが第一です。体育指導やはだし遊びを通して、健康で忍耐強い人間形成を目指しています。
これらの各種方針と保育方針は、現在のこども園に継承されています。
 

園児確保の取り組み

園を引き受けた当初、園児はわずか13名でした。毎週土曜日に、公園で私の考えていた保育内容の説明を行い、やがて幼児教育に熱心な人がいるという評判を得て、興味を持った保護者が来園するようになりました。さらに、当時では珍しい3年保育クラスや、日本初と思われる週2日クラスを開設し、幼児期に必要なテーマ(重点保育項目)を取り入れた保育を行いました。園舎は、当初の掘っ立て小屋に等しいものから、何度も増築・改修を行いました。指導者の計画と園長・職員の努力、ご理解いただいた保護者のおかげで、他園が教室を縮小していった時にも、当園は毎年教室を増やすことができました。特に体育館は2回移転増築し、これらに掛かる莫大な費用には、個人の持ち出しを伴い、同時に、経営会社(テクノシステムズ)の繰り入れを行いました。

これらの多くの努力により、園児数は当初の13名から200名を超える規模に成長することができました。

 重点保育項目は、毎年その年のテーマが設定され、保育士は3月からテーマについて自己研修を行い、6月に研修結果を発表、7月から実践を行い、年度末に実践の成果発表を行う活動でした。この間、保育士はテーマについて深く学び、同僚と議論し、指導者から一人ひとりに多くの指導を受け、たいへん内容の濃い取り組みでした。この活動は、保育内容と保育士の大きなレベルアップに繋がり、35年間継続する本園の軸となる活動となりました。
 下図は、この重点保育項目について実際に保育士が作成したレポートです。このレポートを見ていただくと、当時の保育士が真剣にテーマについて取り組んでいたことが、ご理解いただけると思います。

1.はだしで園庭を! 2.コンピューターの活用 3.一人でできるモン! 4.バスも保育、5.親への認識向上、6.器用な手を、7.気がつく人間、気がきく人間の育成、8.虫歯0、9.童謡を身近かに、10.科学する芽の育成、11.強い保育、12.創造力の育成、13.インターネット自由自在、14.自分を見る目の育成、15.やる気を引き出す、16.きまりをまもる、17.人の話を聞く、18.感謝する、19.キチンと伝える習慣を身につける、20.節約するしつけ、21.自分の考えをいう、22.力を合わせよう (協力する)、23.我慢する、24.ほめて保育する、25.分析する力の育成、26.持続する力の育成、27.個性を育てる、28.準備をする、29.バランス感覚を育てる、30.聞く力の育成、31.考える力の育成

重点保育項目の研修レポート(平成18年度)

実績例

親への認識向上

親への配慮の心を育てる!
保育士の取り組みが、子どもの行動に変化をもたらす

親への配慮の心を育てることを目指し、保育士は子どもたちに、親の話を毎日するように伝えました。3か月後、保護者から「最近、子どもが親を気遣ってくれるようになった」と連絡をいただきました。

むし歯0活動

虫歯予防で健康的な歯に!
幼少期から適切な歯磨き習慣を身につける

当時、ボランティアで「歯磨き指導」をしていただきました。この指導により、幼少期の歯磨き習慣を身につけることにつながりましたが、「歯磨き指導」の活動は困難で継続できませんでした。
(※)現在の湘南こども園では虫歯0活動を行っています。

理科実験

科学への興味を引き出す!
食い入るような子どもの視線に驚愕

磁石や豆電球などを使用して、簡単な実験を行いました。幼児期から理科の面白さを体験した園児は、食い入るような視線でした。

日本伝統文化

日本の伝統文化を体験!
茶道とそろばん指導を通じた保育の展開

茶道・そろばんを、専門の先生をお招きしてご指導いただき、園児たちに日本の伝統文化を体験してもらいました。

  林正幸(元ふじ幼児園経営者、現学校法人正栄学園理事長)と林 榮(元ふじ幼児園園長、現学校法人正栄学園名誉理事長)の2人3脚
 ⇒ 経営者が園の企画立案、元園長が実践
   元園長は「先を見た企画」現実に「動く保育士」・職員の間に立ってスムーズな運営・新規アイデアの実践に非常な努力をした。このおかげで今がある。

  林正幸 電子工学技術者、大手電機メーカーで防衛庁の防衛システム開発をし、
      その間に幼児教育を始め、53才退職後テクノシステムズを創立、
      技術開発事業と幼児教育を推進
      現在:①4保育園経営、②こども園経営、③技術会社代表取締役、
         ④NPO法人科学探検隊(小学生対象理科教室の開催)理事長。
          (今までに日本をはじめ7ケ国5,500名の小学生に教室実施。)
         ⑤林財団を設立、いくつかの市町村、高校の倶楽部活動等支援、社内有能子弟支援

  林 栄 ふじ幼児園園長 寒川湘南保育園園長 つきみ野湘南保育園園長を歴任

ミャンマーで理科教室を開催したときの教育省幹部・学校職員(2016年7月26日)

ロシア(サハリン)で園長先生への日本教育の説明(2013年10月8日)