すみれ組 とうもろこしの皮むき

6月17日

すみれ組でとうもろこしの皮むきを行いました。

市場でその日に入荷した新鮮なとうもろこしを八百屋さんから持ってきてもらい、
給食で提供される「ゆでとうもろこし」の皮むき作業をお願いしました。
(この日に持ってきていただいたのは、綾瀬で収穫されたとうもろこしです)

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども達はとうもろこしに興味深々で、
匂いを嗅いでみると「土のにおいがするね」「へんなにおいがするー!」
などの声が聞かれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

とうもろこしの皮は、何枚にも重なっているので、子ども達にとっては力を使う作業です。「皮がむけないよー!」と言っていたり、「中から出てきた!」と驚いている子ども達もいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「とうもろこしに生えているおひげは、とうもろこしの粒と同じ数なんだよ!」と説明すると、
「へぇ~!」と不思議そうに聞いている子もいました。

 

 

 

 

 

全員が皮をむき終わり、
「今日のお給食で出てくるから、きちんと食べてね!」と説明すると
元気なお返事が返ってきました。

 

 

 

 

実際に給食の様子を見に行くと、一番先にとうもろこしを食べる子どもたちの様子が見られました。

タイトルとURLをコピーしました