園バスの新型コロナウィルス感染症防止対策

スクールバス運行に際しての文科省のガイドラインに従って、バス通園における感染の予防対策として下記を徹底して行います。
 ★密閉を防ぐため窓を開けバス内の換気
 ★密集、密接をなるべくないように工夫する
   (ルート前半は一人掛け、後半よりは二人掛けとする等)
 ★次亜塩素酸による消毒の徹底(座席、手すり、ドアノブ)
 ★乗車時に手指用のアルコールにて消毒
 ★バス内での会話を控え、マスクの着用、咳エチケットの徹底
   (ご家庭でもご指導をよろしくお願いします。)
 ★乗車前(朝)の検温(検温表をお渡ししますので記入をお願いします。)
 ★体調の悪い時は登園を控えていただくようお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

新入園児の皆様へ